東進衛星予備校市川八幡校は『難関国公立 ・難関私大』の【入試対策】【現役合格率】には絶対の自信があります!

市川八幡校の指導方針

  • HOME »
  • 市川八幡校の指導方針
8Es90EC94AA94A68DZ82CC93C192A587408Es90EC94AA94A68DZ82CC93C192A52-1 この度は、東進衛星予備校 市川八幡校のホームページにお越しいただき、誠にありがとうございます。市川八幡校が、東進グループの加盟校なって15年以上が経ちます。その間、「一人でも多くの生徒さんに、希望の大学に合格してもらいたい。」そう思って試行錯誤を繰り返してきました。そんな過程の中で、発見したことがあります。
1ランク~2ランク上の夢の大学に合格するために、もっとも重要な要素は「あなたのヤル気」だということです。
なぜなら、「ヤル気」がなければ、先に進まないからです。「ヤル気」がなければ、毎日10時間以上の勉強もできないからです。「ヤル気」がなければ、困難や障害にも打ち克つこともできません。
そんなことは、誰でも分かっている。と叱られるかもしれませんが…
世の中には、三日坊主という言葉もありますが、「ヤル気」を継続することも難しいのではないでしょうか?では、「ヤル気」はどうしたら生まれるのでしょうか?ずばり、あなたが、勉強に対して自信(自分の可能性を信じる心)を持つことです。「自分は、やればできる人間なんだ。」「自分は、やれば合格できるんだ。」
という自分の可能性を信じる確信度と「ヤル気」は相関関係にあります。

たとえば、皆さんと初めて面談をさせていただく時に、「どこの大学に行きたいのですか?」と質問します。すると、しばらく沈黙があった後に、「日大です。」、「明大です。」というような答えが返ってきます。そこで、「日大と早稲田と両方に合格したら、どちらに行きたいですか?」と聞き返します。多くの生徒さんは、「そりゃ、早稲田ですよ。」と答えます。 口には出さないが、行くことができるのなら早稲田や慶応や上智に行きたいと思っている生徒さんはたくさんいると思います。 でも、口に出さないのは、「自分には無理だ。」と心の奥底で思っているからです。人は、無意識のうちに自分で、自分の可能性を測っています。

この「自分には無理」と心の中で思っている状態では、「ヤル気」は起きてこないのです。
「どうせ、やっても駄目だから。」「やっても、仕方がない。」と潜在意識で思っているために、肝心の「ヤル気」は出てきません。
ちなみに、確信度の高い生徒さんは、予備校に来て、帰宅するまで自習室から出てきません!ずっと、集中して勉強し続けます。なぜなら、合格できると思っているからです!
反対に、確信度の低い生徒さんは、度々、自習室から出てきて友達を巻き込んでおしゃべりする傾向にあります。なぜかというと、合格できるかどうか不安になるからです。その不安を紛らすために友達を巻き込んでおしゃべりをします。
この状態では、もちろん成績は上がりません。

このような心のメカニズムをあなた自身が、よく知ることから大逆転合格への第一歩はスタートします。

もうひとつ、別の角度から話をします。
たとえば、あなたが、「トマトは嫌いだったとします。
そうすると、あなたは進んでトマトを食べるでしょうか?
もちろん答えはNoですね。
無理やり食べようとすると、体が反応して、吐き出しそうになります。
それでは、あなたが「数学は嫌い」だったとしましょう。
進んで数学の勉強をするでしょうか?
答えは、トマトと同じですね。
嫌いな教科の勉強について言うと、やらなきゃいけないことは、よくわかっているが、その教科の勉強を先延ばしにしたり。勉強を始めた途端、「眠たくなる」、「集中できない」、「そわそわする」等の体の反応が自動的に出てきます。
この状態では、決してその教科は、できるようにはなりません。
しかも、あなたは、生まれながらにして「トマトが嫌い」、「数学がきらい」だったわけではなく、何かの原因で自動的にそうなったのです。

この自動的に身に付けたマイナスのものの見方を意識的に変えていくことができれば、何事もうまくいくようになります。

たとえば、あなたが、仮に数学が嫌いであるとすれば、「今まで、数学は嫌いだと思っていたけど,予備校の先生の言う通りやったら簡単に解けた!解ければ、数学も楽しい!」とか「今まで数学はできないと思っていたけど。このレベルならできる。」というように、あなた自身が、嫌いな教科に対するものの見方を意識的に変化させていくことが重要です。受験に必要な教科で、嫌いな教科がある人は、特にこの点に注意してください。「嫌い」と言ったら、成績は上がりません。無理やり根性でやっても、脳のパフォーマンスが極端に下がるので、成果も出にくくなります。重たいタイヤを引っ張りながら、長距離を走るようなものです。

最新の脳科学の知見によると、「興味関心の無いこと、いやなこと」だと脳が判断したことは、短期記憶領域に保存されるそうです。そして、これらの内容は、3日から4日で忘れてしまうそうです。それに対して、「興味関心があること、楽しいこと、生存に必要なこと」は長期記憶領域に保存されるそうです。頭が悪いから覚えられない、ではなくて、興味がないから、関心がないから覚えられないのです。

つまり、勉強に対する積極的な心の姿勢がなによりも大切です。

命令、強制、脅迫による学習は、脳のパフォーマンスをアップさせないので、とても効率の悪い勉強方法といえます。
努力、努力と根性で学習するよりも、勉強が楽しい趣味と同じようになれば、脳のパフォーマンスが最大化され、いくらでも成績は上がるということです。楽しい授業、勉強する目的、学問に対する興味・関心などが、とても大切だということですね。
このように、勉強に対する心の姿勢が積極化され、自信が持てるようになると、自然と成績は上がってきます。
何よりも大切なことは、「自分の可能性を信じる心を高めること」と「勉強に対する心の姿勢」を意図的に、積極的に変化させていくことです。

市川八幡校は、あなたのヤル気を引き出す目的で、すべての教育システムが構築されています。
そして、私たちは、あなたがあなたの志を実現するお手伝いを心よりさせていただきたいと考えています。

もし、ここまで読んでいただいて、市川八幡校に興味を持ってもらえたのなら、ぜひ、無料体験授業を受けに来てください。
あなたが、今まで出会ったことのない素敵なあなたに出会える。そんなお手伝いをさせていただけることが、私たちの望外の喜びです。

Top画面へ戻る

新年度特別講習のご案内

本屋さんやテレビでおなじみのあの名物先生の最高の授業を無料で体験できるチャンスです!東進の授業を観ずに予備校を決めてはいけません。日本一の合格実績を支える講師陣の授業・教育システムをぜひ、体験してみてください!

お気軽にお問い合わせ下さい。 TEL 0120-737-509 受付時間 平日:14:00 - 22:00 土日[祝]9:00-22:00

エキテン:口コミ

PAGETOP
Copyright © 東進衛星予備校 市川八幡校 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.