新テスト(大学入学共通テスト)の英語は、リーディングとリスニングが均等配点か。
配点が激変。新テスト(大学共通テスト)からはリスニング対策が必須に。
また「大学入学共通テスト」(新テスト)の次回試行調査において英語のリーディングとリスニングの配点を均等に実施する予定を明らかにしました。従来型のセンター試験では、リーディング200点、リスニング50点。これに対し新テスト(試行調査)では、仮に英語を200点満点とするならば、リーディング100点、リスニング100点と激変することになります。この試行調査通りの配点で新テストが実施されれば、新テストを受験する高1生からは、相応のリスニング対策が必要となるでしょう。さらには、今後、スピーキング力、ライティング力を測る民間英語試験の結果を配点に加えるなど、英語4技能(聞く、話す、読む、書く)を満遍なく評価する入試に変わっていきます。もちろん変わるのは英語だけではなく、数学、国語も記述式が導入されるなど、十分な対策が必要となります。

東進衛星予備校 市川八幡校では、只今、冬期特別招待講習(無料)の申し込みを受け付けています。ぜひ、この機会をご利用いただき、新テストへの対策を行ってください。
冬期特別招待講習の詳細はこちら

 

 

冬期特別招待講習

東進の難関大現役合格実績は日本一※と自負しています。
その理由を君の目で確かめてもらい、
そして飛躍的に成績を伸ばすきっかけとしてもらうのが、東進の「冬期特別招待講習」です。授業だけではなく、大学受験に成功するために必ず知っておきたい基礎知識が分かる特別講義や、大学受験指導のプロによるアドバイスが受けられるカウンセリングも実施します!
※ホームページパンフレット等で公表している予備校の中で
東進の現役合格実績が最大。(東進調べ)