大学入試情報

過去問演習の重要性について|合格する生徒 VS 不合格になる生徒|市川市(本八幡)の東進|市川八幡校

過去問演習の重要性について|東進 過去問|東進 過去問データベース

夢の第一志望校に合格するために必要なことって何だと思いますか?

  • 先輩が◎◎予備校で合格したから、その予備校・塾・家庭教師・ネット授業・通信添削を利用する?
  • 先輩と同じ講座、同じ参考書、同じ問題集を使って学習する?
  • 本気になって受験勉強を開始する?
  • TVや本屋さんでおなじみのあの名物先生の授業を受ける(笑)?

答えは、どれも「不十分」です。
合格するために必要なのは、シンプルに
①入試本番で合格最低点以上を得点すること
これだけです。
加えて
②今日学習したことを入試まで覚えていること
③併願校を含めた受験戦略
の3つだけです。
合格する生徒は、この3つの条件の達成率が高いということです。
先輩と同じ予備校に通って、同じ授業、同じ問題集、同じ参考書で学習したとしても、今日学んだことを入試まで記憶していなければ?
本気になって、1日10時間勉強しても、入試に出ないことを、的外れなことを学習していたら?
これだけでは、合格できないということが理解できますよね。
ところで、あなたは、入試本番で1点でも多く得点することを意識して毎日学習していますか?

今日は、この3つの要素のうちの一番目の「入試本番で合格最低点以上を得点する」ために何をすればよいのかについて話します。
入試問題は、大学、学部によって、その出題傾向が異なります。
わかりやすく言えば、志望する大学の過去問10年分を解いてみて、そのすべての年度で合格最低点を超えていれば、その大学に合格できる可能性は高いといえますね。
しかし、その逆にどの年度でも合格最低点以上を得点できなければ、その大学に合格できる可能性は限りなく低いといえます。
実は、入試問題を分析すると大学・学部によって出題傾向が違うことがわかります。
私立大学では、「定員厳格化」の影響で、入学者を増やしすぎると国から助成金がもらえなくなるため、繰り上がり合格者を増やす大学も多いです。
例えば、2021年の上智大学は、合格者の半数が繰り上がり合格者でした。(注:繰り上がり合格というのは、合格者が他大学に流れて、不合格者が合格者に繰り上がること)
学校経営の観点からは、たくさんの合格者を出したいけれど、そうはいかない理由があるのです。
大学側は、その大学を第一志望にしている生徒が欲しいのです。他大学に流れず、歩留まりが読みやすいからです。
そうなると、入試問題に特色を持たせて、しっかりと過去問を分析して、やり込んできた生徒が有利になるようにするということも予想できますね。
模擬試験(特定の大学のための模試ではない場合)で、合格可能性が高かったとしても過去問で合格最低点が取れていなければ合格はできません。
ちなみなに、過去問の重要性を説明するために、東京大学(理系)の2009年~2018年の10年分の過去問分析を行った結果を見てみましょう。
ここでは、例として数学を上げていますが、文系なら日本史、世界史の分析も同様にできます。
別に東大でなくても、早慶、明青立法中、日東駒専のどの大学でもかまいません。

東大(理系)の分野・単元別の出題傾向分析

分野単元必ず押さえたい問題合否を分ける問題正答できれば差がつく問題難問出題回数
数Ⅲ積分法とその応用217313
数A整数の性質125210
数B数列16119
数A場合の数と確率15129
数Ⅱ図形と方程式24118
数Ⅲ微分法とその応用2428
数Ⅲ関数と極限2215
数Bベクトル2125
数Ⅰ二次関数224
数Ⅱ三角関数213
数Ⅱ微分法と積分法112
数Ⅲ複素数平面112
数Ⅲ式と曲線11
数Ⅱ指数関数・対数関数11
数A図形の性質11
1428221781

東大(理系)の分野別の出題比率から分析

分野出題比率必ず押さえたい問題合否を分ける問題正答できれば差がつく問題難問出題回数
数Ⅰ4.9%02024
数A24.7%277420
数Ⅱ17.3%363214
数B17.3%362314
数Ⅲ35.8%6710629
100.0%1428221781

上記の表の分析からわかること
毎年のように出題される単元がある。
数Ⅲの出題率が非常に高く35.8%と突出している。次が、数Aの整数の性質、場合の数と確率。
難問は誰も解けないと割り切り、「必ず押さえたい問題」「合否を分ける問題」にまずは取り組みましょう。
難問は、医学部等の難関学部受験者、数学が得意で得点源にしたい生徒のみが対象となります。

合格最低点以上を得点するために重要なことは

  • 今日学習している内容は、自分の受験する大学でどれくらいの重要性があるのか(出題頻度)?
  • 今日学習しているレベル・内容で、志望校の入試問題を解答できる力が養成できるのか?
  • 志望校では、どんな問題が出題(マークor記述)されていて、各単元の難易度(正答率)はどうなっているのか?

以上のリストに合致した学習を継続することが、志望校に合格するためのポイントです。
そして、毎日の学習に際して、今日学んだことは、自分の受ける大学で合格最低点よりも1点でも多く得点できる内容になっていたのかどうかをチェックする習慣を身につけましょう!

さて、ここでみなさんに東進のお役立ちシステムをご紹介します。もしかすると、もう使っている人もいるかもしれませんが…
完全無料ですので、ぜひ、活用してみてください。
ただし、第一志望校に関しては、赤本も用意してくださいね。

大学入試問題|過去問データベース|185大学の最大28年分の過去問が無料で利用できます!!

【東進公式】過去問データベース

夢の第一志望校合格のための第一歩!!!今なら東進の教育システムを丸ごと無料体験できます!

東進 市川八幡校で無料体験を申し込んだ方に、あなたの志望校に合格するための戦略を詳しく説明させてもらいます!

現在実施中の無料体験授業

東進なら今からでも間に合います!高3の6月スタートで市川東高校から慶応大学 経済学部合格!

高3 部活生特別招待講習

難化した共通テストに対応するために、全国統一高校生テスト(無料)にチャレンジしよう!

東進の共通テスト本番レベル模試の4大特徴

東進の共通テスト本番レベル模試をあなたの学力の現在位置を確認するためにおすすめします!
  1. 君だけの診断レポートでやるべき課題が明確に
  2. 診断レポートは試験実施から最短、中5日でスピード返却
  3. 実力講師陣による解説授業で、効果的な復習ができる
  4. 大学別本番レベル模試との総合評価ができる

全国統一高校生テスト[無料]の詳細は下記のバナーを今すぐクリック!

-大学入試情報
-,